header

Amazonとの価格競争の結果はいかに…!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは。

 

元医大卒教師せどらーメジェド鈴木です。

 

 

 

 

先日の記事でAmazonがライバルにいた場合の価格設定について解説しました。

 

 

Amazon価格が値段を合わせてくる。対処方法は?

 

今回は実際の商品でメジェドが実践した価格設定の方法を具体的に紹介します。

 

 

この商品です。

 

https://mnrate.com/item/aid/B078PB54XB

 

307円仕入れ、1880円での売り想定です。

 

11個仕入れたわけですがライバルにAmazonがいます。

 

 

しかもAmazonの在庫数は、

 

「在庫あり」

 

Amazonの在庫をカートに入れる場面で表示されます。

 

 

 

 

通常はあと〇個と表示されますが「在庫あり」の場合20個以上抱えているということになります。

 

100あるかもしれないし1000個あるかもしれません。

 

つまりいつ強力なライバルがいなくなるか見当がつかないわけですね。

 

 

しかも今回の商品は「要期限管理商品」です。

 

なるべく早く売り切ってしまいたいもの。

 

 

そのためには価格を安くします。

 

ここから下はメジェドが実際に行った価格設定です。

 

 

5月29日

1880円から1円下げて1879円とする。

Amazonが即、追いついてくる。

 

5月30日

1878円、1877円と下げたが昨日同様追いついてくる。

1880円に戻すとAmazonも同様に追従。

再度1879円、1878円と下げるも変わらないため1880円に戻す。

 

5月31日

今日も1879円にしたところ状況は変わらず。

ここで一気に1780円に値下げ。

するとAmazonは1782円まで下げてきた。

 

 

この日から次々と売れるようになり3日で11個の在庫を売り切ることができました。

 

ジリジリ下げて追いついてくるならカクンと下げる。

 

 

Amazonだって他の出品者と一緒です。

 

これ以上赤字では売りたくないという下限値があります。

 

 

そこを見つければ相手がAmazonだとしても出し抜くことができます。

 

こんなテクニックを使えばより回転率が上がって行くこと間違いなしですね!

 

 

それではまた明日。

 

メジェド鈴木

 

 

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

メジェドにこんなこと聞いてみたい。

 

アンケートフォームです。

 

書いていただいた方の中から1名、1週間の無料コンサルをプレゼント。

 

これを機会に人生を大きく変えていきましょう!

 

https://goo.gl/forms/Ms5wcaEkFlK2cOJA3

 

△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

メジェド鈴木

ブログURL
http://mejedos.com/
メール お問い合わせはこちら
sedori.mejedo@mejedos.com
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆